女性の薄毛の脂漏性(しろうせい)脱毛症と女性の男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれるFAGAとの違いは?

薄毛や抜け毛に悩みを抱えている方は、男性だけでなく女性にも増えてきているのを知っていますか?薄毛の悩みは男性のものと思われやすいですが、女性にとっても老化やストレス、ホルモンバランスの影響など、さまざまなことが薄毛の原因となっています。男性よりも女性の薄毛で悩んでいる方は少ないように感じますが、日本人女性の1000万人が症状を抱えているといわれ、10人に1人が薄毛や抜け毛に悩んでいるという事実には驚きですよね?

 
特に近年では、男性だけでなく、女性が社会で活躍することから、仕事と家事や育児を両立させなければならないことが多くなり、ストレスが溜まりやすい生活を送っている方も少なくありません。さらに、女性はカラーリングやパーマなど繰り返し行っていることもあるため、髪に負担がかかりやすくなっているのです。薄毛は放っておくと進行が進み、治療が難しくなっていきます。女性の場合、恥ずかしがって医療機関に行けないという方もいますが、その原因によって症状や治療法も変わっていきますので、病院やクリニックに相談をしてしっかりと原因を把握することが大切です。

 

 

女性の薄毛の症状には、たくさんの種類があり、薄毛や抜け毛の原因として最も多いのが、瀰漫(びまん)性脱毛症です。瀰漫(びまん)性脱毛症は、分け目や頭頂部から、全体的に透けるように薄くなっていく症状で、ホルモンバランスの急激な変化によって引き起こされ、更年期や過度なダイエットによる栄養不足が関係しているといわれています。ホルモンバランスの影響を受けて起こる症状には、FemaleAGAといわれる女性の男性型脱毛症(FAGA)もあり、男性型脱毛症といわれるAGAは、男性ホルモンの影響や遺伝によって薄毛になっていく男性特有の脱毛症ですが、加齢やストレスによって、女性もホルモンバランスが崩れやすくなり、男性ホルモンが多くなっていくことで、女性特有のFAGAに悩む女性が多くなっています。瀰漫性脱毛症と同じく、過度なダイエットや食生活の乱れなどからもホルモンバランスを崩し、FAGAになってしまう方もいます。

 
脂漏性(しろうせい)脱毛症は、ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌することで起きる脱毛症で、皮脂は皮脂腺から分泌され、汗と混ざる事で皮脂幕を作り、皮膚の表面を守ります。しかし、ホルモンが異常に分泌してしまうと、毛穴を塞いでしまい、炎症を起こすことで、脱毛症を誘発してしまう可能性があり、ひどい場合はマラセチア菌(癜風菌)が毛穴に付着し、皮膚炎を起こす危険性もあるので、早期の治療が必要となります。

 
脂漏性(しろうせい)脱毛症は、極まれな症状のため、脱毛症の悩みの1%程度といわれていますが、FAGAとの違いは、脂漏性(しろうせい)脱毛症は、毛穴から皮脂が大量に分泌されているため、目で見てわかるほど毛穴が皮脂で塞がれていて、頭部の皮脂を除去してもすぐにまた、皮脂でベタベタとしてしまうのが特徴です。

 

 

他にも、髪の毛が長い人が、ポニーテールなど髪の毛をひっぱるように結んでいることが原因で起こる牽引性(けんいんせい)脱毛症や、出産後に一時的なホルモンの変化によって起こる分娩後脱毛症がありますが、分娩後脱毛症は一時的なものなので、産後半年程度でまた髪の毛が生えてくるようになります。円形脱毛症のように一部分が円形型に抜け落ちてしまう脱毛症もありますが、どの脱毛症も自己判断で症状を判断するのは難しいですし、脱毛症は早期的な治療を行うことで効果を発揮することがあり、治療にかかる費用や治療期間も少なくなっていきますので、薄毛や抜け毛の傾向が見えてきたら、すぐにクリニックなどの医療機関を受診してみてはいかかでしょうか?

女性の男性型脱毛症(FAGA)や瀰漫(びまん)性脱毛症と言われる女性の薄毛ですが、AGAとFAGAとの違いとは?

男性は男性ホルモンの影響によって男性型脱毛症(AGA)が起こり、抜け毛や薄毛に悩む方は少なくありませんが、男性ホルモンが影響すると言っても必ずしも男性だけの問題というわけではなく、女性でも同じように男性ホルモンの影響によるAGAが起こる場合があり、その場合には女性の男性型脱毛症(FAGA)としてFemaleAGAやFAGA、また瀰漫(びまん)性脱毛症などと呼ばれています。

 
何故男性ホルモンが関係するAGAが女性に起こるのかというと、女性でも体の中には男性ホルモンが存在するためで、それがAGAを引き起こしているのです。
ただ男性と女性では同じAGAであっても症状は異なり、このFAGAとの違いには女性ホルモンが大きく関係しています。エストロゲンという女性ホルモンには髪の毛を育てる作用がありますので、このエストロゲンが問題なく分泌されていれば抜け毛や薄毛が起こったとしても急激に症状が進行することはありません。

 
ただ女性ホルモンが様々な原因で減少する事で男性ホルモンの影響を受けやすくなり、それにより薄毛や抜け毛といった問題が起こるようになるのですが、具体的に男女でどのような症状の違いがあるのかというと、AGA、つまり男性の場合には髪の生え際や頭頂部などが部分的に薄くなっていくというパターンが多いのに対し、女性の場合は全体的に髪の毛が薄くなったり、髪の毛1本1本が細く弱った状態になるなど、頭の広い範囲の脱毛が起こる傾向にあります。

 
さらに男性の場合は何の対処もしなければどんどん髪の毛は減っていく進行性であるのに対し、女性の場合はたとえ少なくなったとしてもある程度の女性ホルモンがありますので、AGAのように症状が進んでいくことはありません。では女性の薄毛に大きく関係している女性ホルモンの減少にはどのような原因があるのかというと、まずは加齢がその一つです。年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌量は少なくなっていきますが、特に閉経を迎える頃にはホルモンバランスが大きく崩れる事になりますので、男性ホルモンの影響が出やすくなるのです。

 
また皮脂やコラーゲンも加齢とともに減少しますので、頭皮が乾燥しやすくなるのも抜け毛や薄毛に関係していると考えられます。それだけでなくホルモンバランスの崩れはストレスやダイエット、食生活の乱れによっても起こりますし、これらは髪の毛が必要とする栄養が不足したり、血行不良を起こす原因ともなりますので、過度なダイエットをしないようにする、ストレスは溜めない、栄養バランスのとれた食事をする、などといった健康的な生活を心がけるようにすることが大事です。

 
さらに女性の中には経口避妊薬(ピル)を利用されている方もいらっしゃると思いますが、このピルもホルモンバランスの乱れを引き起こす原因の一つで、女性ホルモンが増える服用中には脱毛が少なくなるものの、服用しなくなると一時的にではありますが脱毛が多くなる傾向にあります。そして女性ホルモンとは直接的な関係はないものの、ヘアケアをし過ぎるのも問題で、1日何回もシャンプーをしたり、シャンプーがしっかりと落とし切れていなかったりといった事の他、パーマやカラーリングなどにも注意が必要です。こうした女性の薄毛の改善方法としては、まずストレスやダイエット、ヘアケアのし過ぎなど、頭皮への負担となるような事は控える事に加え、女性ホルモンと同じような役割が期待できるイソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂るなどしてホルモンバランスを整えるようにすることが重要ですが、近頃はFAGAの治療を行う病院も増えてきていますので、気になる場合にはそうした病院で診断を受けてみてはいかがでしょうか。

女性の薄毛・分娩後脱毛症とFAGAとの違いとは?女性の男性型脱毛症(FAGA)の基礎知識

薄毛になるというと、男性に多いというイメージが持たれがちですが、女性の脱毛を起こすという人が増えていて、女性でも脱毛してしまうことに悩んでいる方も多く、現在でもクリニックなどに通っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、一概に脱毛症と言ってもさまざまな種類があり、それに合致した治療を行わないとなかなか効果が出ないうえに、女性の男性型脱毛症(FAGA)と、分娩後脱毛症はよく混同されやすいため、注意が必要です。

 

 

そもそも、女性と男性では脱毛症のメカニズムが異なってくるのです。男性が発症してしまう脱毛症は、一般的に男性型脱毛症(AGA)と呼ばれていて、これは男性ホルモンが大きく影響しているものですが、女性が発症するものは、男性のAGAと区別するため、「女性の男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれていて、略してFemaleAGAと呼ばれることもあります。男性の場合は、頭頂部やおでこの上あたりから髪が抜け始めていくという特徴がありますが、女性の場合は、髪の毛が全体的にボリュームダウンしていき、薄毛となってしまい頭皮が目立ちがちになるという特徴があります。

 
この症状の原因として、そもそも男性ホルモンが女性の毛髪の中に入り込んでしまい、抜けやすくなってしまうことにより起こりますが、なぜ男性ホルモンが入り込んでしまうかというと、これは遺伝が多く関係していると言われていて、男性ホルモンを受け入れるためのレセプター(受容体)を持っているかどうかで、髪の抜けやすさが変わりますが、このレセプターは遺伝によってあるか無いかが変わってくるのです。

 
近年、働いたりして活躍する女性が増えた事によりストレスを感じる女性が多くなってきたことや、極端な美容志向により激しいダイエットをしてしまい、食生活が不規則になったりして、体のホルモンバランスの崩れで、女性の男性型脱毛症(FAGA)となってしまう人が増えている傾向にあり、体内の女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れたり血流不全を起こしてしまい、ヘアサイクルが乱れて薄毛となってしまうのです。

 
それに対して、分娩後脱毛症とは、妊娠している最中から妊娠後期、出産した後にかけて抜け毛が増えてしまう症状のことを指し、妊娠している間は女性ホルモンの働きが活発となり、エストロゲンの分泌量も増えて、ヘアサイクルが変化していきます。母親の体はお腹の中の子どもに栄養を与えようとして、女性ホルモンの分泌量が増やしますが、出産することで一気にその働きを停止させてしまうため、出産した後に一時的に脱毛してしまうことがあるのです。これは、出産を終えてから、およそ半年から1年ぐらい経つと自然に回復することが多いですが、個人差があり、母体の体力の有無や、高齢出産だった場合などで、回復する速度が変わってきてしまいます。特に高齢出産の場合だと、なかなか完治するのに時間がかかるという場合が多いほか、出産後のストレスなどがひどく体に負担をかけてしまった場合などに、抜け毛が止まらなくなってしまう人も中にはいますが、これは自然に回復するものですので、医師に相談して治療を受けつつ、ゆったりとした心持ちで回復を待つことが重要となってきます。

 

 

分娩後脱毛症と、FAGAとの違いは少しわかりにくい部分があるので、もし薄毛に悩んでいる時は、早めに医師に診てもらい、それぞれに適切な治療をすることで、より効率の良い治療が可能となります。女性の薄毛に悩んでいる人は多いですが、最近では治療法も多く開発されていてより治りやすくなっていると言えるので、ゆっくりと治療を続けていくことが大切です。

女性の男性型脱毛症(FAGA)は女性の薄毛です。女性専門薄毛治療ならAACクリニック銀座

女性の男性型脱毛症(FAGA)というのは、男性の薄毛であるAGAの女性版、FemaleAGAを略した言葉で、近年注目されている女性の薄毛です。薄毛や抜け毛というと男性の悩みのように思われがちですが、近年ではストレスや乱れた食生活、生活習慣などの変化によって女性でも抜け毛が多くなっていたり、全体的に髪の毛が少なくなってきたと感じられるようなケースが増えており、医療機関で女性専門薄毛治療を受けたり、市販の育毛剤などを利用して対策をとるようになっています。

 

 

男性のAGAの場合には、有効な治療法としてフィナステリドという男性ホルモンの分泌量を抑制する作用のある内服薬を使用したり、頭皮の環境改善を図って育毛効果をアップさせるミノキシジルという外用薬などを使用することがほとんどです。しかし、この治療法はAGAの原因となっているホルモンバランスを変化させることになりますので、薄毛の進行を止めるという効果に対しての信頼性はありますが、月経や妊娠、出産などホルモンのバランスによって健康状態を保っている女性には推奨されていません。
そこで、女性の薄毛の場合には他の方法を選ぶ必要がありますが、未だに薄毛治療というと男性向けのものが多くなっており、女性はあまり満足できる治療を受けられるクリニックが限られています。そこでおすすめなのがAACクリニック銀座で、こちらのクリニックは薄毛治療を専門的に行ってきた実績がありますので、性別や年齢、薄毛になっている箇所や進行具合、症状などによって、独自開発したオーダーメイドの処方による薬を使用する治療を行っています。もちろん、女性には危険性が少なく、FAGAに効果的な成分を豊富に含む薬を用意していますので、安心して治療を継続することができますし、一般的に有効とされている薬を処方するだけの薄毛の治療法と比べて発毛効果やAGAの阻止にかなりの効果が見られるということが大きな特徴となっています。

 
こちらのクリニックは女性専門のクリニックということもあって女性スタッフのみで構成されていますし、都内だけでなく、遠方からも多くの女性が診察を受けに来ていますが、浜中聡子院長自身がカウンセリングなどできちんと患者に対応してくれますので、同性という安心感もあって多くの人が気軽に相談をすることができると高い評価をしています。また、治療で使用する薬も全て女性が安心して使うことができるものでそろえられていますし、男性の患者と出会って気まずい思いをするということもなく、クリニックに行くことを躊躇していた人でも敷居が低いところになっています。

 
こちらのクリニックの治療内容は、主に抜け毛の予防と発毛効果の高い成分の投与になりますが、皮膚科、精神科、形成外科のそれぞれの専門科医が一人の患者に対して、自分の得意分野に関するアドバイスや治療を行っていますので、治療時の不安も大幅に解消されますし、患者一人ひとりの状態にあわせてオーダーメイドで薬を処方していますので、効果がでやすく、経過によって細かく内容を変えていくためにきめ細かいサポートを受けられます。

 

 

こちらのクリニックの治療費用は、月に1万6000~3万5000円前後で、プロペシアなどの単体の処方の費用に比べると高く感じられるかもしれませんが、丁寧な検査やカウンセリング、効果の高い薬の処方などを考えるとコストパフォーマンスは非常に高くなっています。銀座駅から徒歩で通うことが出来るなど立地条件にも恵まれていますので、FAGAに悩んでいる人は、まずは一度無料のカウンセリングを受けて、詳しい治療内容等について話を聞いてみてはいかがでしょうか。

女性の男性型脱毛症(FAGA)の特徴と原因、女性の薄毛の脱毛のパターンについて

日本では一般的には薄毛に悩んでいるのは男性であると考えられており、女性の薄毛の問題がクローズアップされることは少ないため、薄毛や抜け毛の悩みを抱える女性にとってはどのように対処をしたらよいのかわからないという人は少なくはありません。薄毛や抜け毛の問題において、主な原因と考えられているのは男性ホルモンの関与であり、血液中を流れている男性ホルモンが毛根にあると考えられている毛乳頭に入り込むことで5αリダクターゼ酵素という酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンに変化を起こすことに起因します。

 

 

このジヒドロテストステロンがアンドロゲン受容体を通して毛母細胞入り込むことでマイナスの作用を及ぼし、育毛サイクルを妨げることで薄毛や抜け毛が生じてしまうこととなり、このことこそが日本人に最も多い脱毛症上である男性型脱毛症のメカニズムであると考えられているのです。女性の薄毛問題の多くが男性型脱毛症と同様に男性ホルモンの関与によって生じる脱毛症であり、女性の体内でも生成されている男性ホルモンが毛母細胞に作用することで薄毛や抜け毛が生じてしまうこととなり、これは男性型脱毛症(AGA)と区別され、FemaleAGAつまり女性の男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

 

 
女性の男性型脱毛症(FAGA)が男性型脱毛症(AGA)と区別されるのには理由があり、男性型脱毛症(AGA)が頭頂部と前頭部が局所的に薄くなってくるという脱毛のパターンであるのに対して、女性の男性型脱毛症(FAGA)は前髪が細くなることに始まり、髪全体が細くなりボリュームダウンをしていくという特徴があります。女性の男性型脱毛症(FAGA)が男性型脱毛症(AGA)の脱毛のパターンと異なる大きな要因は女性ホルモンにあり、女性ホルモンに含まれているエストロゲンが髪の毛を育てる効能があることが認められています。比較的若い女性である場合には、アンドロゲン受容体を通して毛母細胞にジヒドロテストステロンが入り込んでしまったとしても、大量に生成・放出される女性ホルモンに含まれているエストロゲンの作用によって髪の毛への影響も殆ど生じないこととなります。

 

 

しかし、加齢とともに女性ホルモンの分泌量が減少していくことで、徐々に毛母細胞に入り込んでジヒドロテストステロンの影響を受けるようになってしまい、FemaleAGAの症状があらわれることとなるのです。FemaleAGAの症状は女性ホルモンの分泌が減少することであらわれる症状ですが、これにはヘアサイクルが大きく関与していると考えられ、女性ホルモン含まれているエストロゲンには髪を育てる効能があることに加えて、髪が生え変わるヘアサイクルを長くする効能があるため、もしも抜け毛や薄毛が生じたとしてもその進行が非常に緩やかであるため殆ど気にならない程度なのです。

 

 

従って、女性の薄毛の問題を解決するための最も基本的かつ高い効果が期待できる手段としては、女性ホルモンの分泌量を増加されることにあると言っても過言ではありません。女性ホルモンの分泌量の減少は、必ずしも加齢によるものだけではなく、運動不足や食生活の乱れといった生活習慣が関与していたり、ストレスなどの外部的要因も大きな原因であると考えられています。効果的に女性ホルモンの分泌量を増加させるためには、ストレスを溜め込まないように心がけて生活をすることはもちろん、定期的に運動を行ったり、十分な睡眠を摂るようにしたり、食事に気をつけるなどすることが大切なこととなります。

 

 

女性ホルモンの分泌量を増加させる効果のある食品の代表的なものとしては、大豆イソフラボンなどを挙げることができ、こういった日常生活の中でのちょっとした工夫が症状の改善に大きな意味を持つこととなります。